3/23/2017

EU-Japan Centre Webinars - 日欧産業協力センターのウェビナー

We are pleased to inform you on a couple of upcoming webinars organised by EU-Japan Centre for Industrial Cooperation. 

日欧産業協力センターよりウェビナー(ウェブセミナー)2件に関しての連絡をいただいたのでシェアさせていただきます。
---------

We are pleased to inform you about our 2 upcoming webinars, organised in accordance with experts from Bern University of Applied Sciences, AGT Group, University of Surrey and the Information Security Laboratory of KDDI Research Inc.

The first webinar - EU-Japan Smart City Project - City Platform as a Service (CPaaS.io) is targeted at EU and Japanese companies, organisations and public administration authorities seeking to innovate in the Smart City domain. For more information about the webinar and to register, please see below:

WEBINAR: EU-JAPAN SMART CITY PROJECT - CITY PLATFORMS AS A SERVICE (CPaaS.io)
Date: 11 April 2017 - Time: from 10:00 to 11:00 AM (Brussels time)
Registration deadline: Monday, 10 April 2017.
What role does an open city platform play in creating smart city innovation?
For more information and to register:
http://www.eu-japan.eu/events/webinar-91-eu-japan-smart-city-project-city-platform-service-cpaasio
Costs: Free

The second webinar will introduce iKaaS project and acknowledge possible opportunities for European and Japanese companies and organisations seeking to learn about iKaaS and reuse the results of the project. For more information and to register, please click on the link below:

WEBINAR: EU-JAPAN COLLABORATIVE PROJECT ON INTELLIGENT KNOWLEDGE-AS-A-SERVICE (iKaaS)
Date: 9 May 2017 - Time: from 10:00 to 11:00 AM (Brussels time)
Registration deadline: Monday, 8 May 2017.
How to generate and manage knowledge in multi-cloud environments?
For more information and to register:
http://www.eu-japan.eu/events/webinar-92-eu-japan-collaborative-project-intelligent-knowledge-service-ikaas
Costs: Free


Contact:
e.kandrataviciute@eu-japan.eu
EU-Japan Centre for Industrial Cooperation
TEL +32 2 282 0042 - FAX + 32 2 282 3712
http://www.eu-japan.eu / www.een-japan.eu


---------
For Inquiries please contact Eivilte at EU-Japan Centre:
このウェビナーに関してのお問い合わせは直接日欧産業協力センターまでどうぞ。

2/28/2017

エストニアでの皆様の起業をお手伝いする専門家チームを選定しました。


当方ではこれまでエストニアでバーチャル企業の設立や、物理的に欧州での業務展開をご希望の日本にお住まいの皆さまをサポートする、様々な分野の専門家達との連携強化を目指していました。この度、このようなサービスを一手に賄う起業サポート会社との提携をいたしました
。 これからはこちらの会社へ直接お問い合わせをお願いすることになります。 これより当方では当会会員様以外にはエストニアでの起業関連のお問い合わせの対応はいたしませんのでご理解とご協力お願いします。






http://finbaltconsulting.eu/

会社名       FinBalt Consulting OÜ(有限会社 フィンバルト コンサルティング)
URL             http://finbaltconsulting.eu
所在地         Vana-Lõuna 39, off. 147 Tallinn, Estonia
電話             +3726446450
メール    info@finbaltconsulting.eu
スカイプ      finbalt.consulting


 

業務内容としては以下の通りです。

(貴方が既にエストニアのe-レジデンスIDカードをお持ちの場合)

ー 企業登録手続きのサポート、代行。

ー 銀行口座(当座)開設のサポート(スカイプ等を利用したオンラインインタビューで当座開設が可能になりました)。

ー TFN  (税番号)登録手続きのサポート、代行。

ー 税金申告を含む税理関連業務の代行。

ー 欧州政府による補助金や助成金申請の手続き代行(起業の際様々な特典を受けられます)。

ー 様々な法制度に関する説明など。

ー バーチャル、又は物理的な事務所開設と運営のサポート。

ー 現地パートナーや顧客検索、交渉代行など。

これら以外にもいろいろなサポートやアドバイスが受けられます。

これらの手続きに必要な日数やサービスに掛かる手数料ですが、料金プランは用意してありますが、一般公開しておりませんので、フィンバルト社に直接お問い合わせ下されば、迅速に応対してくれます。

フィンバルト社によると、お問い合わせとメールなどによる連絡は英語が前提となっていますが、完璧である必要はございませんので、受けたいサービスを具体的にできるだけ詳しくまとめて、送っていただきたいとのことです。もしどうしても日本語でお問い合わせや連絡をなさりたい場合は当方(日本エストニア商工会議所、JECC)が代行しますが、その際は実費でご負担願います(1メールにつき60ユーロから)。

もし貴方がエストニアのe-レジデンスIDカード(電子市民権)をご取得なさっていない場合や申請の仕方が分からない場合は、駐日エストニア大使館内のエンタープライズエストニア 外国投資・貿易促進局まで直接お問い合わせください。当方(日本エストニア商工会議所、JECC)ではエストニア政府発行の書類申請関連の情報は一切扱っておりません。外部リンク

エストニアでの起業自体にご関心が無くても、将来エストニアと日本の間でのビジネス展開に向けて、現地の事情に詳しい日本人顧問役が必要な場合、エストニア製品の日本での販売に関心をお持ちの場合、貴社製品の欧州での販売ルート検索や、教育、技術提携などの分野でのパートナー紹介や交渉を委託したい場合は当方(日本エストニア商工会議所、JECC)へご入会を今までどうりお勧めしています。当方の連絡先は info@jecc.ee です。お気軽にお問い合わせ下さい。

12/01/2016

Estonian govt. approved a new proposal.

The current requirement for an Estonian registered company to have at least one member of the board to be located in Estonia may change from Jan 2018, according to Estonia's public broadcaster ERR:

http://news.err.ee/v/business/0086f6de-1b4c-43bd-a04a-8dc9591c6a7b/government-approves-nixing-requirement-for-company-board-to-be-located-in-estonia


This is likely to affect the e-residents with Estonian registered business(es).

11/02/2016

e-residents' bank account - update  当座預金口座開設に関して 

Now the e-resident ID holders are able to open a bank account in Estonia without having to Estonia. Instead of a visit the banks can allow the e-resident to be interviewed online using a form of online chat.

http://news.err.ee/v/business/c2549d97-0140-49af-91ae-c2082b6dde81/banks-to-allow-remote-account-opening-with-video-id

NB: the banks still retain right to refuse your application if you failed to meet their set standards.  The new law will give you a chance but right to an account to be granted automatically.  This is regulated by the EU wide KYC policy.


これまで一部の意図的なデマなどで、正確な情報収集を難しくされていましたが、今回、当座預金口座開設関連のニュースで進展がありました。

e-
レジデンスIDカード保有者が、エストニア訪問無しで、自国から当座預金口座を開設できるようになることが確定しました。実際にエストニア訪問への代わりとして、スカイプなどのオンラインチャットソフトを利用し、面接をすることになります。

これは、e-レジデンスIDカード保有者が、当座預金口座を自動的に開設できるといった権利を保証するものではなく、あくまでも銀行によるサービスの一環であって、実際に当座預金口座開設ができるかは銀行側の判断によります。

これまでどうり、EU各国で今年始めより厳しくなっているKYCポリシーは継続ですので、貴方がどういった会社の起業をするつもりがあって、どのような目的で銀行を利用するかなどを説明し、銀行側が納得できるようなビジネスプランや、業務に必要な様々な証明書類の内容を予め纏めておくことが求められると予想されます。

今年から厳しくなったKYCポリシー対応の審査は近隣諸国でも同様で、去年までは実際に個人で支店を訪問することにより、現地で法人登録をした起業家の方による当座預金口座開設が比較的簡単であったラトビアですら、開設希望者を質問攻めにし、様々な書類の提出を求めてくるといったことが現状です。たとえ現地の会計税理士や弁護士同伴であっても、銀行側が書類不備を理由に拒否権を行使することもあります。

詳しくは貴方が法人登録をした際に作った、仮口座のある銀行、又は別に当座預金口座開設希望の銀行がある場合そちらへ直接お問い合わせ下さい。当方では各銀行の裁量などの情報は一切提供しておりません。


まだまだ現段階では、エストニアで既に活動している企業との提携や買収後に企業名変更手続きをするなどのほうが、新たに起業するよりは楽で、既にある顧客との繋がりを利用することができる等の利点がありますので、そちらも念頭に置き、将来の計画をなさることもお薦めします。当方ではそういった場合の関連企業との仲介や、契約に向けての書類手続きを代行してくれる公証人や弁護士、税理士等の専門家の紹介等をします。

7/01/2016

Lithuania is opening up - リトアニアでの滞在ビザ手続きが変わります

Lithuania is amending the current business registration process to attract more startups.  This makes the Baltic as a more interesting place for innovative businesses to enjoy the more supportive environment. 

http://www.investlithuania.com/news/lithuania-to-boost-talent-attraction-through-start-up-visa

リトアニアで起業する方などに発行される短期滞在ビザの取得がしやすくなります。有効期限は1年で、延長も可能だそうです。手続きも簡易化、高速化され、結果ビザ発行までの時間が短縮されます。

当方ではリトアニアのパートナーと連携していますので、リトアニアでの起業に関わる現地専門家の紹介や活動開始までのお手伝いが可能です。

6/20/2016

Banking for e-residents becomes easier

(official link to follow)

http://geenius.ee/uudis/riigikogu-vottis-vastu-seaduse-mis-lubab-pangakontot-avada-ilma-kontorisse-minemata

Summary:

Opening a bank account following an online interview through conferencing programme such as Skype will become possible shortly.  This was considered to be a large hurdle for some e-residents who lived so far away from Estonia.  Currently German banks offer similar online interview / ID check via online conference programme for its citizens residing outside EU to enable then to open a bank account in SEPA.

There is, however, a maximum monthly transaction limit imposed (refer to the link above) which may be seen by some the threshold too low. This still is a welcoming compromise for many and if this is not adequate the simplest way is to arrange a trip to beautiful Estonia.